close
Present in Person or House

突撃!海外のおうち訪問!

Hi Aya(@FashionHunterEU)です!

 

私は、建築デザインを学んでいたことやハウスメーカーで働いたこともあり、住宅にとても興味があります!

 

長い時間過ごす空間ですから、自分の好きなものに囲まれて暮らしたいですよね〜。

衣食住は、その国の文化や習慣、その人の趣味嗜好が現れるものです。

 

スウェーデンでは、来客時、家を案内する慣習があるそうで、私も、スウェーデンの知人のお宅にお邪魔した時は、内装、デザイン、家具も含めていろいろご案内頂きました。

 

私は、これがとても好きで、とても楽しく、このレイアウトは、おしゃれだなと思ったら、自宅にも取り入れてみたり、デザインの参考にさせてもらったりしました。その国の生活に触れて、日本との違いを感じることも、とても面白いです。

 

そこで!これから、こんな記事を、書いていこうと思いました!

突撃!海外のおうち訪問!(または外国人のおうち)

記念すべき第一回は、ドイツのベルリンにお住まいのWasabiちゃんのクールヴィンテージルームです!

 

Wasabiちゃんは、新卒でフリーランスになり、ドイツ移住までしてしまった、凄腕フリーランサーです。

ちなみに、この私のブログは、彼女のサロンに参加したことが、きっかけとなり始めました。

 

Wasabiちゃんは、ベルリンのミッテにお住まいで、ベルリンの中でも、おしゃれで、観光スポットにも近く、お店も多く、でも、程よく静かで人気エリアです。

 

早速、訪問してみましょう♪

 

日本のマンションのように、建物の入口の扉には鍵がついています。それを開けて中へ。

迎えてくれたWasabiちゃん

f:id:ayano-hayasaki:20170731063115j:image

エントランスは、こんな感じで、扉のガラスの格子がデザインされていて、床のタイルも入口からおしゃれです。

f:id:ayano-hayasaki:20170731063345j:image

そして、部屋へ向かいます。

f:id:ayano-hayasaki:20170731063630j:image

 

廊下には、おしゃれなラダーが!木製のラダーは、日本では、なかなか良いお値段します。

左に少し見えるのが、配管むき出しで、これもまたおしゃれです。

f:id:ayano-hayasaki:20170731063733j:image

壁は、明るめの白塗装です。

壁の色は、退去時に白壁に戻すことを条件に、どんな色に塗っても良いそうです。

 

じゃんっ!こちらがリビングです。

この天井の高さ、窓の形と大きさ、フローリング、レトロソファ。ヴィンテージの具合が程良く、落ち着いたおしゃれなリビングです。

f:id:ayano-hayasaki:20170731064831j:image

壁にかかっているのは、コーヒー豆の麻袋です。日本のおしゃれなカフェにも使われていそうなグッドデザイン。

f:id:ayano-hayasaki:20170731071057j:image

日本の骨董市で、高値で取引されるヴィンテージトランクも、格安で手に入れたそうです。中には、本を入れて、見せる収納をされています。

f:id:ayano-hayasaki:20170731071042j:image

こちらは、寝室です。木製パレットにマットレスを置いたベッドが、これまたおしゃれです!

f:id:ayano-hayasaki:20170731070502j:image

 

キッチンで、コーヒーを淹れてくれるWasabiちゃん。ドイツでは、キッチンが備え付けられていない物件があるので、部屋を借りる際は、設備は何が備え付けられているか確認してから借りましょう。

f:id:ayano-hayasaki:20170731065959j:image

 

このおしゃれでかわいいポットやカップたちは、Wasabiちゃんが、拾ってきたものだそうです!

まだ使えるものをご自由にどうぞと不要な物を提供するものがあるそうで、そこから手に入れたものだそうです。東ドイツ時代のものもあり、ヴィンテージファンにはたまりません。

f:id:ayano-hayasaki:20170731070424j:image
f:id:ayano-hayasaki:20170731071014j:image

 

Wasabiちゃんは、ゼロ円おしゃれインテリア計画を立てていて、お金をかけずに部屋づくりをしていくとのこと。これから作り込まれていく部屋が、どんな風になっていくか、とても楽しみです!

 

皆さん、いかがでしたでしょうか?

ちょっと住んでいる様子をイメージできたでしょうか??

 

私は、Airbnbを、よく利用するのですが、ここのキャッチコピーの、暮らすように旅をするという言葉が好きです。

異国で、その国の生活に触れて体験することは、何にも代え難い経験になります。異文化を、より深く理解することも可能です。

 

もし、海外旅行に行きたいなと思ったら、どんな風に、どんな家で暮らしているのかな?と、知ってみることをおすすめします。

f:id:ayano-hayasaki:20170731075941j:image

 

最後に、ご協力頂いたWasabiちゃん、快く協力して頂き、どうもありがとうございました!

 

彼女のブログには、ドイツ移住に関する情報がたくさん載っています。ご興味ある方は、のぞいてみてください。

私は、いつも参考にさせていただいております。

http://wsbi.net/

Aya

The author Aya

Leave a Response